鼻の高さ、目元の印象、フェイスラインも、理想のイメージに近づけたい、自分では限度があっても、可能性はゼロではありません。注入でイメージを変えていくのであれば、口頭だけでは伝わりにくいものです。

 

自分好みの理想に近づくためにも、こうなりたいという切り抜き持参など、準備をしていきます。また、ホームページで事前に症例写真をチェックすることも忘れずに行います。カウンセリングで、そこに症例の写真ファイルがあれば、それも見ます。

 

ホームページにはない、内部モニターの写真を見ることができるチャンスがあるからです。どんなにメリットをうたっていても、ホームページで紹介しているクチコミが良くても、大切なのは腕とセンスです。

 

言葉はごまかせても、結果は正直に写真に残ります。症例写真を確認していく中で、疑問に思ったことは質問して、気持ちをスッキリさせてから、のぞむといいでしょう。

 

最初から美容カウンセラーが出てきて、医学の知識もないのに、負担のある高額な提案をしてくる所はおすすめ出来ません。知識も資格も所有していて、カウンセリングから対応してくれる所で、症例写真も確認しながら、イメージに近づくサポートを受けるのがベストです。