美容外科手術を受ける前に、担当カウンセラーにより、患者の細かい要望や不安を聞くという事は、ほとんどのクリニックで行われている事です。

 

そして担当医というのは、そのカウンセリングで患者が希望した状態に出来るだけ近付ける様に、、手術を行う事になります。

 

なので患者としても、術後にイメージと違うと後悔しない様に、そこで積極的に要望を口にするのが大切だし、クリニック側としても、後で患者に不満を言われない様に、出来るだけ要望を聞き出すという努力が必要だったりします。

 

逆にそれを怠ると、トラブルへと発展してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

 
そんな美容外科手術ですが、事前の希望通りに終了し、経過も順調ならば特に問題ないです。

 

ですが患者にすれば、例えば顔を手術した際、腫れが思ったよりも酷く感じられたり、本当にこの傷が消えるのかしら、という具合に不安を抱える人もいたりします。だからこそ、事前の細かい説明だけでなく、術後のケアというのも大事です。

 
例えば腫れ引くという言葉にしても、手術を行った担当医がこの部分の腫れがどの位で引く、という形で細やかな説明を加えて貰えたら安心です。そういった意味で、手術後のケアに関しては、担当医が大きな役割を握っていると言えます。